〜オイルって、何? の巻き〜

 

 こんにちは、オイルソムリエのオイリ子です。今日は、オイルの分類についてのお話しです。

 

「油」は液体、「脂」は固体?!

 

「油」「脂」どちらもアブラと読みますが、あなたはその違い、ご存知でしょうか?

漢字の成り立ちを見てみると、意味の違いがよくわかります。

 

 

「油」という文字は、さんずいと書きます。

「由」は注ぎ口が細く深さのあるボトルの形を表しています。つまりは、瓶に入った液体が注がれる様を意味しているのです。

「脂」は、(にくづき)にいと書きます。

肉の切り身を口に運ぶ形を表しているそうです。確かに、肉の旨味は脂にあり!想像しただけで、ヨダレが出てきそうです。

これらの文字の表す意味からもわかるように、「油」とは常温で液体の植物性オイルを、「脂」とは常温で固体の動物性オイルを指します。

でも、この使い分けは一般的なもの…ディープなオイルの世界では、もうちょっと違った言葉で、細かな分類がなされているのです。

脂肪酸という言葉、最近では様々なメディアで良く耳にするようになりました。それだけ、オイルの健康効果が広まりつつあるということでしょう!うれしいかぎりです。

この脂肪酸、大きくは「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」に分かれます。

 

飽和脂肪酸とは?

 

飽和脂肪酸は、バターや牛脂に代表されるように常温で固体のオイルで、動物性のものに多く含まれます。ココナッツオイルは植物が原料ですが、常温では白いクリーム状の固体で飽和脂肪酸の仲間です。

 

不飽和脂肪酸とは?

 

一方、オリーブオイルやごま油などのように常温で液体のオイルは「不飽和脂肪酸」といい、木の実や果実、その種から摂れる植物性ものが大半です。

「不飽和脂肪酸」の中にはさらに「必須脂肪酸」といって、人間が体内で作り出すことができない、食事でしか補えない栄養を含んだオイルがあります。魚のアブラは動物性ですが、冷たい水の中でも液体で、こちらの仲間に属します。

最近注目されているアマニオイルもその仲間。主成分α-リノレン酸(オメガ3系)は、体内でEPADHAに変換され、我々のカラダに嬉しい効果を発揮しますが、間違った保管方法や調理法、摂取方法で、その栄養は台無しになってしまうことも事実です。

「飽和」「不飽和」なんて言葉が出てくると、化学の領域のようで急に難しく感じちゃう!という人も多いと思います。

でも安心して!

このサイトでは、わたくしオイリ子と相棒のエミ男が、おもしろおかしく、なるべくわかりやすくオイルのことをご紹介していきますからね!飽和・不飽和については、またいづれ詳しくお話しするとして・・・今日のところは、飽和は安定性が高く、不飽和は不安定な状態とでも理解しておいてください。

そういうわけで、安定性の高い飽和脂肪酸は、加熱などによって酸化しにくいのに対して、不飽和脂肪酸は熱や光、空気にさらされることで酸化しやすく、デリケートなものが多いのです。

もしあなたが、オイルの知識が不足していることで、折角の高価で高品質なオイルを、ものすごくムダな使い方をしているとしたら・・・もったいない!と思いませんか?

そして、オイルそれぞれの個性を知ることで、効果的な使い方がわかったり、自分に合ったオイル選びができるようになるとしたら・・・うれしいことがいっぱい!になると思いませんか?

 

このサイトをご覧になったあなたに、笑顔あふれるオイルライフが訪れたなら、私もうれしいな〜!