今日の相談者さんはデザイナーさん。頭の回転力と記憶力の低下にお悩みとのこと。クリエイティブで楽しそうなお仕事だけど、納期厳守で徹夜!なんてこともよくあるのかな?やりがいのある仕事とはいえ、ストレスをためこみやすい環境かも。

 

自律神経の乱れを整えて!


以前より疲れやすくなったというM・Eさん。一日のほとんどの時間をPCに向かって過ごし運動する時間もないとなると、血流も滞りがち・・・。日常的にストレスにさらされると、脳の血流が悪くなり自律神経に乱れが生じます。倦怠感や頭痛、睡眠障害など全身にさまざまな症状があらわれ「病気ではないんだから・・・」とそのまま頑張り続けると「うつ」などを発症しかねません。どんなに忙しくても血行促進のために休憩時間に軽い運動をしたり、温かいお茶を飲むなど、カラダを温めココロと神経をリラックスさせるようにこころがけましょう。

 

軽い「もの忘れ」なら、食事で改善!

忘れ物やうっかりミスは誰にでもあること。とはいえ、それが余りにも頻繁になってくると「もしや、若年性アルツハイマーでは?」などと心配になりますよね。「もの忘れ」が気になってるみたいだけど、脳に栄養足りてるかな?

実はあまり知られていませんが脳は油で出来ています。脳の構成成分の60%が脂質で、さらにその内の1/4はDHAです。DHAは細胞膜を柔らかく保ち、神経伝達を活性化させ記憶力を向上させます。DHAは青魚やアマニやエゴマの種子に含まれるオメガ3系脂肪酸です。DHAは様々なサプリになっていますが、まずは出来るだけ自然なものから、毎日の食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか。いま話題のアマニ油エゴマ油は、体内でEPA/DHAに変換されるα-リノレン酸を多く含んでいます。

食事に時間が取れない・・・という方には、MCTオイルもおすすめです。ブドウ糖の代わりに脳のエネルギー源になるケトン体を効率的に作り出し、いち早く脳の細胞内に入り込むことができることから「脳活」に効果あるとされています。

 

MCT(Medium Chain Triglyceride)オイルとは

「中鎖脂肪酸100%のオイル」のことです。主にココナッツを原料として作られています。アルツハイマー型認知症への効果が期待されている中鎖脂肪酸を効率よく摂取できることで、今注目のオイルです。

私がオススメするMCTオイルはこちら

 

忙しいあなた、手軽なオイルを食事に取り入れて・・・


朝食
朝は少しでも長く寝ていたい!ってかんじかな?忙しくて、作るのも食べるのも時間をかけられないなら、コーヒーやスムージー・ヨーグルトにMCTオイルを入れてみてください。便利な携帯タイプのものもあります。朝から脳もフル回転!ダイエット効果も期待できてうれしい。

ランチ
コンビニや外食が多いのかな?リノール酸の過剰摂取も心配です。揚げ物や菓子パンはできるだけ控えてくださいね。お弁当なら、焼き魚や野菜の煮物・雑穀類などが入った、いろいろな栄養をバランスよく摂れるものがおすすめです。
サラダには米ぬかオイルをかけたり、みそ汁やスープにアマニ油エゴマ油などのオメガ3系オイルを垂らすなど、キャリアオイルを上手に取り入れてみてください。オメガ3を1本、会社の冷蔵庫にこっそり常備しておきましょう。

夕食
夜は出来るだけ魚を食べてくださいね。2~3gのオメガ3なら、このくらい食べれば摂れるんです。

摂取目安 : マグロの刺身トロなら4~5切れ ・ 焼き魚(鮭などの油ののった魚)1切れ ・ サバ缶1/2缶 ・ タラのレバーのスモーク缶1/2缶

野菜やお肉を炒めるときは、酸化しづらいココナッツオイルを使用しましょう。毎日の様々なお料理に、米ぬかオイルを使ってみてください。米ぬか油には、自律神経のバランスを整える「ガンマオリザノール」という成分が豊富に含まれています。

 

私がオススメする米ぬかオイルはこちら